2023.01.10 2022年度 研修一覧(1月10日)

 

【2022年度研修日程等一覧(案)日程順】

 

研修名

ラダー
項目と
レベル

研修日程

開催方法

認定
ポイント
(予定)

申込
期間

1

【終了】
医療ソーシャルワーカー キャリアラダー・モデル研修会(大分県協会と共催)

教育(Ⅱ~Ⅲレベル)

4月16日(土)14:00~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(4月23日~5月22日)

4P

3月2日
~4月11日

2

【終了】
終末期医療へのソーシャルワーク介入~よりよい終末期を迎えていただくために~

実践

(Ⅱ~Ⅲレベル)

5月14日(土)
14:00~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(5月25日~6月24日)

4P

4月8日
~5月9日

3

【終了】
新ラダーⅠ研修Vol.1:ソーシャルワーカーのキャリア形成・存在する意義

実践

(Ⅰレベル)

6月4日(土)10:00~16:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(6月15日~7月14日)

6P

4月15日
~5月30日

4

【終了】
ラダーⅠ研修Vol.2:ソーシャルワーク基本概念図を理解する(価値・倫理)

実践
(Ⅰレベル)

7月2日(土)
10:00~15:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(7月13日~8月12日)

5P

5月9日
~6月27日

5

【終了】
実践講座「退院支援」「社会の変化に対応するソーシャルワーク ~コロナ禍の経験から考える~」

実践
(Ⅲレベル)

7月23日(土)14:00~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(8月3日~9月2日)

4P

5月27日
~7月18日

6

【終了】
管理者研修会 ~管理者が行うソーシャルワーク支援~

管理
(Ⅳ~Ⅴレベル)

8月6日(土)
14:00~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(8月17日~9月16日)

4P

6月17日
~8月1日

7

【終了】
一人でもピアでも今から活用できるラダー~個々の専門性、多職種への発信を高める方法~

教育
(Ⅲレベル)

8月20日(土)
14:00~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(8月31日~9月30日)

4P

6月23日
~8月15日

8

【終了】
ラダーⅠ研修Vol.3:連携と組織理解・社会資源の活用

実践
(Ⅰレベル)

8月27日(土)
13:00~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(9月7日~10月6日)

5P

6月30日
~8月22日

9

【終了】
実践講座「認知症高齢者へのソーシャルワーク支援」

実践
(Ⅱ~Ⅲレベル)

9月3日(土)
14:00~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(9月14日~10月13日)

4P

7月11日
~8月29日

10

【終了】
実践講座「意思決定支援に関する研修会」

 

実践
(Ⅲ~Ⅳレベル)

9月17日(土)
14:00~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(9月28日~10月27日)

4P

7月27日~9月12日

11

【終了】
ソーシャルワーク研究 「続・誰もができる研究発表 ~質的・量的研究、方法論について~」

研究
(Ⅲ~Ⅳレベル)

9月30日(金)
 ~10月29日(土)

オンデマンド配信のみ

4P

7月26日
~9月20日

12

【終了】
ラダーⅠ研修Vol.4:ソーシャルワーク実践・面接

実践
(Ⅰレベル)

10月8日(土)
10:00~15:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(10月19日~11月18日)

5P

8月12日
~10月3日

13

【終了】
管理者研修会 ~初任期のうちから管理者の視点を身につける研修会~

管理
(Ⅱ~Ⅲレベル)

10月28日(土)

オンライン(Zoom)+オンデマンド(11月9日~12月8日)

4P

9月2日
~10月17日

14

【終了】
「両立支援~病気の療養と復職・復学を支援する~」

実践
(Ⅲレベル)

11月10月(木)
14:00~16:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(11月21日~12月20日)

4P

9月14日
~11月4日

15


【終了】
ソーシャルワーク理論 ~実践と理論の結びつきについて~

理論
(Ⅲレベル)

11月26日(土)
13:30~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(12月7日~1月6日)

4P

9月30日~11月21日

16

【終了】
ラダーⅠ研修Vol.5:アセスメント・ソーシャルワーク記録

実践
(Ⅰレベル)

12月3(土)
10:00~16:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(12月14日~1月13日)

6P

10月7日
~11月28日

17

【終了】
実践講座「機能別ソーシャルワーク ~慢性期・高齢者医療編~」

実践
(Ⅱ~Ⅲレベル)

12月17日(土)14:00〜17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(12月28日〜1月27日)

4P

10月31日~12月12日

18

【終了】
指導者の評価方法を考える ~指導者育成の観点で、ラダーと照らし合わせて評価基準を考える~

管理
(Ⅱ~Ⅲレベル)

2023年1月7日(土)
13:30~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(1月18日~2月17日)

4P

11月14日
~12月30日

19

【募集中】
実践講座「周産期・小児ソーシャルワーク支援」

 

実践
(Ⅲレベル)

2023年1月28日(土)
14:00~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(2月8日~3月7日)

4P

12月2日
~1月23日

20

【募集中】
スーパービジョン研修会(個人SV、3機能の効果的に発揮する方法)

教育
(Ⅳ~Ⅴレベル)

2023年2月11日(土)
13:30~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(2月22日~3月21日)

4P

12月21日
~2月6日

21

【募集中】
ラダーⅠ研修Vol.6:ソーシャルワーク理論と研究

研究・理論
(Ⅰレベル)

2023年2月25日(土)
14:00~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(3月8日~4月7日)

4P

1月5日
~2月20日

22

【募集中】
養成校教育と現任者教育の在り方 ~医療ソーシャルワーカー キャリアラダー・モデルから考える~

教育
(Ⅲ~Ⅳレベル)

2023年3月4月(土)
14:00~17:00

オンライン(Zoom)+オンデマンド(3月15日~4月14日)

4P

1月10日
~2月24日

2022.06.14 「2022年度研修要綱、キャリアラダー・モデル ハンドブック2022」を掲載しました。

「研修要綱2022 キャリアラダー・モデル ハンドブック2022」

 当協会の「研修要綱2022 医療ソーシャルワーカー キャリアラダー・モデル ハンドブック2022」が完成いたしました。
 ご確認いただき、研修計画とキャリア形成にお役立ていただきますようお願いいたします。

 研修要綱2022 キャリアラダー・モデル ハンドブック2022
                     (PDF1,099KB)

2021.04.05 各種研修マニュアル

 新型コロナウィルス感染症の終息目処が立たない中今年度当協会において、オンラインによる研修会を開催しております。  このたび、研修に関する各種マニュアルを更新しましたので、ご一読をお願い致します。

1)北海道医療ソーシャルワーカー協会の研修について   北海道医療ソーシャルワーカー協会の研修について(PDF301KB)

2)2021年度 研修について 2021年度 研修について(PDF400KB)

3)北海道医療ソーシャルワーカー協会オンライン研修受講マニュアル  北海道医療ソーシャルワーカー協会 オンライン研修受講マニュアル(2021.2.11一部修正) (PDF407KB)

4)各種マニュアル 「受講者用Zoom操作マニュアル」    2020年度受講者用Zoom操作マニュアル(PDF1,400KB)

  ②「Zoom研修運営マニュアル」 研修部 2020年度Zoom研修運営マニュアル(PDF3,170KB)

  ③【講師向け】オンライン研修における注意事項    オンライン研修における研修資料の作成とその取扱いにおける注意事項                              (PDF273KB)    オンライン研修会 注意事項(PDF256KB)

  ④【受講者向け】オンライン研修における注意事項 【受講者向け】研修受講と研修資料取り扱いに関する注意事項 (PDF257KB)

  ⑤集合研修感染予防ガイドライン    集合研修時 感染予防ガイドライン(PDF256KB)

5)事例検討におけるガイドライン    事例検討におけるガイドライン(オンライン含む)(PDF164KB)

2023.01.23 協会活動報告に研修アンケート結果を掲載しました。(1月23日更新)

協会活動報告ページに「ソーシャルワーク理論 ~実践と理論の結びつきについて~」のアンケート結果を掲載しました。

2023.01.10 【締切2月24日】「養成校教育と現任者教育の在り方」のご案内(開催3月4日)

「養成校教育と現任者教育の在り方」のご案内

■テ ー マ
 「養成校教育と現任者教育の在り方」

■内 容
 現在、ソーシャルワーカーとしてキャリアを形成していっているあなた!また、ソーシャルワーカーを目指しているあなた!
 ソーシャルワーカーが魅力ある仕事としてあり続けるため、養成校教育と現任者教育について本研修で共に学んでいきませんか⁉

  「養成校教育と現任者教育の在り方」_案内文(PDF184KB)

  「養成校教育と現任者教育の在り方」 チラシ(PDF400KB)

■日 程
 令和5年3月4日(土) 14:00〜17:00(オンライン研修)
 ※オンデマンド研修は、令和5年3月15日(水)~令和5年4月14日(金)の期間限定配信

■講 師
 畑 亮輔氏(北星学園大学 社会福祉学部 福祉臨床学科 准教授)

■対 象
 医療ソーシャルワーカー、その他医療・福祉職等、学生

■参 加 費
 正会員2,000円、賛助会員(個人、団体)3,000円、非会員4,000円、賛助会員(学生)と学生は無料

■申込方法
 ※Peatixにて受付をしております。下記URLよりご確認ください。  
  https://peatix.com/event/3465522

※研修開催日の1週間前後で、参加に必要なアカウントをお伝えします。
※受講証明書は研修終了後に、データを登録メールへ配信します。
※領収証https://help-attendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/articles/44001826297

■申し込み締め切り
 令和5年2月24日(金)

■そ の 他 
 本研修完了者は、認定医療ソーシャルワーカー履修ポイントを、4ポイント申請予定です。

■問 合 せ 先
 ◯松 原 俊 輔
  一般社団法人 北海道医療ソーシャルワーカー協会研修担当執行理事
  医療法人愛全会 介護老人保健施設リラコート愛全
  (TEL:011-571-7151)

2022.12.28 【締切2月20日】ラダーⅠ研修Vol.6「ソーシャルワーク理論と研究」(開催2月25日)

ラダーⅠ研修Vol.6「ソーシャルワーク理論と研究」のご案内

初任者に限らず、「基礎をもう一度学んでいきたい」という方の参加も大歓迎です!
皆さまのご参加をお待ちしています!

  「ラダーⅠ研修 Vol.6」_案内文(PDF 188KB)

■内 容
①ソーシャルワーク理論
②ソーシャルワーク研究

■日 程
令和5年2月25日(土) 14:00〜17:00 オンライン研修
※オンデマンド研修は、令和5年3月8日(水)~令和5年4月7日(金)の期間限定配信

■講 師
○下 倉 賢 士 氏(ホームケアクリニック札幌)
○不 動 宏 平 氏(真栄病院)

■研 修 方 法
Zoomによるライブ講義と演習等を実施します。
※オンライン研修受講の方は、マイク・カメラ機能がある端末でご参加下さい。
オンライン研修に申し込みされると、オンデマンド研修も受講可能です。
もちろん、オンデマンド研修のみの受講も可能です。

■参 加 費
正会員2,000円、賛助会員3,000円、非会員4,000円
※2021年度・2022年度入会の正会員は無料です!
※振り込みの際に別途手数料がかかります。
※お申し込み後、3日以内にご入金をお願い致します。

■申込方法
 Peatixにて受付をしております。下記URLよりご確認ください。
 https://peatix.com/event/3455352

※研修開催日の1週間前後で、参加に必要なアカウントをお伝えします。
※受講証明書は研修終了後に、データを登録メールへ配信します。
※領収証 https://help-attendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/articles/44001826297

■申し込み締め切り
令和5年2月20日(月)

■そ の 他
本研修完了者は、認定医療ソーシャルワーカー履修ポイント4ポイント申請予定です。

■問 合 せ 先
◯松 原 俊 輔
一般社団法人 北海道医療ソーシャルワーカー協会研修担当執行理事
医療法人愛全会 介護老人保健施設リラコート愛全 (TEL:011-571-7151)

2022.12.20 【締切2月6日】「スーパービジョン研修」のご案内(開催2月11日)

スーパービジョンのスーパービジョン
~スーパーバイザーを養成するスーパービジョンできてますか?~

■内 容
 専門的スキルアップのために必要なスーパービジョン。
 後進育成をするにあたり、スーパーバイザーも指導をするスキルをあげる必要があります。そのスーパーバイザーを育てるには?!と、少し難しいお話かもしれませんが、畑先生がわかりやすく講義、演習をしてくれます。
 スーパービジョンの底上げにどうぞ皆様のご参加をお待ちしております。

  2022年度スーパービジョン研修_案内文(PDF370KB)

  2022年度スーパービジョン研修 フライヤー(PDF111KB)

■日 程
2023年2月11日(土・祝) 13:00〜17:00(オンライン研修)
※オンデマンド研修は、2023年2月22日(水)~2023年3月21日(火・祝)の期間限定配信

■講 師
畑 亮輔氏(北星学園大学社会福祉学部 福祉臨床学科 准教授)

■対 象
医療ソーシャルワーカー、その他医療・福祉職等

■申し込み方法・締め切り
 Peatixよりお申し込みください。
 https://peatix.com/event/3447821
 締切:
2022年2月6日(月)

■参 加 費
 正会員2,000円、賛助会員3,000円、非会員4,000円
 ※振り込みの際に、別途手数料がかかります。
 ※お申し込み後、3日以内にご入金をお願い致します。
 
※領収証
 支払い方法に応じて、領収書の形式が異なります。詳しくは以下をご覧ください。 クレジットカードの場合カード会社から送付される「ご利用明細書」や「引き落とし明細書」を領収書の代替としてご利用ください。コンビニ/ATM払いの場合、コンビニエンスストア店頭でお渡しする領収書をご利用ください。経理上、注文内容の詳細を含む必要がある場合など、上記の書面をご利用いただけない場合は、「領収データ」をご利用ください。

■そ の 他
本研修完了者は、認定医療ソーシャルワーカー履修ポイントを、4~5ポイント申請予定です。

■問 合 せ 先
◯奥村 奈緒子
一般社団法人 北海道医療ソーシャルワーカー協会研修担当理事
医療法人母恋 天使病院 (TEL:011-711-0101)

2022.12.01 【締切1月23日】実践講座「周産期・小児ソーシャルワーク支援」のご案内(開催1月28日)

■テ ー マ
「実践講座 周産期・小児ソーシャルワーク支援
          ~目を向けてみよう そこにいる子ども~」

 ■内 容
 最近、よく見かける心が痛いニュース。小児科だけでなく、成人のケースを支援していく過程でも子どもは大切な存在であると気づくことがあります。しかし子どもへの支援となるとまだまだ悩みが尽きません。
 「まずそんな子どもたちのことを皆さんに知ってもらいたい」という願いから始まった研修です。所属機関等は問いません。たくさんのご参加をお待ちしております。

  実践講座「周産期・小児ソーシャルワーク支援」_案内文

  実践講座【周産期・小児ソーシャルワーク支援】 チラシ

 ■日 程
2023128日(土) 140017:00(オンライン研修)
※オンデマンド研修は、202328日(水)~202337日(火)の期間限定配信 

■講 師
澤田 いずみ氏((札幌医科大学保健医療学部看護学科 看護学第3講座 准教授)

 実践報告
岡田 吉広氏・岩城 朋美氏(函館中央病院)

座長
田巻 憲史氏(帯広協会病院)

■対 象
医療ソーシャルワーカー、その他医療・福祉職等

■参 加 費
正会員2,000円、賛助会員3,000円、非会員4,000
※振り込みの際に、別途手数料がかかります。

■申込方法・締め切り
Peatixよりお申し込みください。
 https://peatix.com/event/3432672
締切:2022123日(月)

■そ の 他
本研修完了者は、認定医療ソーシャルワーカー履修ポイントを、4ポイント申請予定です。

 ■問 合 せ 先
◯奥村 奈緒子
一般社団法人 北海道医療ソーシャルワーカー協会研修担当理事
医療法人母恋 天使病院 (TEL011-711-0101

2020.01.22 2019 年度「身元保証問題を考える」研修会 開催報告を掲載しました。

北海道消化器科病院 小倉睦美

 医療同意は一身専属権であることは大前提で、本人が同意できない時は誰も同意はできず、その事実のもとに方針を決定していくしかないと提言がありました。そのためには同意ではなく意思決定支援を行うこと、ガイドラインに沿って手を尽くすこと、またそのプロセスを文書として残しておくことの重要性も説明があり、訴訟にこだわる多職種へは訴訟になっても負けないために上記プロセスが重要という視点も含め意思決定支援を伝えていきたいと思います。
 ソーシャルワーカーはその自己決定支援は手を尽くされているかを確認し、判断能力がないと証明されるまでは自己決定権をはじめ、人としての尊厳を守らねばならないと学び、ソーシャルワーカーが病院にいる重要性を強く認識しました。
 保証人という言葉の不明確さの指摘もあり、病院が保証人に求めている内容を明確にして提示し、どこまでできるか、どれならできるかを確認することの重要性については、はっとしました。
 医療の方針、ACPも含めてすべて主観的最善の利益、本人の意思に基づくのだということ、説得と自己決定支援の違いも意識し、支援を行っていきたいと思います。

2019.12.04 「ソーシャルワーク理論」研修の開催報告を掲載しました。

ソーシャルワーク理論研修

新さっぽろ脳神経外科病院
上西 夏実

 今回、ソーシャルワーク理論(アプローチ)について理解を高め、日々の実践を振り返りながら、これからの支援に活かしていきたいと思い、参加させて頂きました。
 理論を理解するためには、「自我機能」に対する理解が重要であることを学び、今回の研修で自我機能についても学び、その上で理論について学ぶことができたため、より理解が進んだと感じました。
 今回の研修の中で、理論を知っていることと使えることは違うと教えて頂いたように、学んだだけで終わるのではなく、理論を活用し、明日からの実践に活かいしていきたいと思います。
 また、理論を活用した支援を展開することで、制度の説明や入所・転院調整係とならないよう、ソーシャルワーカーはパターン化されていない業務を行っていることの自覚を強くもちながら日々の実践に取り組んでいかなければならないと改めて考える機会にもなりました。
 貴重な学びの機会を頂き、ありがとうございました。

次へ >