2020.07.03 「保健医療機関におけるソーシャルワーク実習マニュアル(β版)」のご案内

「保健医療機関におけるソーシャルワーク実習マニュアル(β版)」
のご案内

「保健医療機関におけるソーシャルワーク実習マニュアル(β版)」PDF2,145KB

 このたび全国医療ソーシャルワーカー協会会長会編集の実習マニュアル(β版)が公表されました。
 β版に関するご意見などございましたら当協会事務所までご連絡ください。
 mswjimusyo@hmsw.info

2020.07.03 事務所業務時間のご案内

当協会事務所業務についてご案内します。
火曜~金曜10:30~14:30となります。

電話:011-563-7229

2020.07.02 2020年度定期総会の開催について

2020年度定期総会について


 時下、ますますご清祥のことと拝察申し上げます。
 今年度の当協会定期総会について新型コロナウイルス感染拡大及び緊急事態宣言による、各イベントの自粛要請の指示を鑑み、開催を延期させていただいておりましたが下記の日程で開催することとなりましたのでご案内いたします。
 会員限定ページに開催にあたっての文書を掲載しておりますので会員の皆様はご確認ください。
 正式なご案内、総会議案書等については準備出来次第送付いたしますのでお待ちください。

総会開催日:2020年8月29日(土)

2020.06.20 コロナウイルス対策

 当会では、緊急事態宣言が解除されましたが、引き続き新型コロナウイルス感染症の更なる感染拡大防止に努めるとともに、研修会、事業等の再開に向けた準備を進めますので、ホームページなどでご確認をお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、研修など事業の開催を中止させていただく場合がございます。 中止の場合はできるだけ速やかにお知らせいたしますので、協会ホームページ等のご確認をよろしくお願いいたします。

2020年6月20日
一般社団法人 北海道医療ソーシャルワーカー協会

2020.04.27 新型コロナウイルスの感染拡大にともなう主な生活支援策

 新型コロナウイルスの感染拡大にともなう主な生活支援策についてまとめました。会員専用ページでご確認下さい。

2020.04.03 第63回北海道医療ソーシャルワーク学会を中止いたします。

第63回北海道医療ソーシャルワーク学会 開催中止のお知らせ

 会員の皆さまにおかれましては、日頃より当協会の活動へご理解・ご協力を頂きありがとうございます。

 さて、6月20日(土)~21日(日)に開催を予定していました第63回北海道医療ソーシャルワーク学会は、新型コロナウィルス(SARS-Cov-2)の感染拡大と収束の見通しが立たない状況の中で、学会運営委員と理事の間で協議を重ね、開催を「中止」することに致しました。

 先日学会の参加受付を開始したばかりでしたが、参加をご検討いただいた皆様には、現段階の状況からやむを得ないこととはいえ、ご理解いただけますと幸いです。

 学会の準備にご協力頂いた皆さまには、この場を借りて深く感謝を申し上げます。

 また発表準備をされていた皆さまには、本学会中止の判断について、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

 なお、中止にともなう対応につきましては、追ってご案内いたします。

 新型コロナウィルス(SARS-Cov-2)の感染が収束し、日常を取り戻すことができることを切に願っております。

 そして何より、会員の皆さまが健康で過ごせることを心からお祈りいたします。

2020年4月3日

第63回北海道医療ソーシャルワーク学会

学会長 松原 俊輔

2020.03.06 中央B支部機関紙最新号を掲載しました。

中央B支部機関紙を更新しました。

会員限定ページにてご確認ください。

2020.02.04 冊子「もしも入院することになったら・・・」を掲載しました

 当協会では、入院となった際の不安や困りごとを軽減できるように、入院から退院に向けて起こりうるお困りごとや、利用できる社会保障制度などの公的制度の紹介、心構えなどを掲載した冊子を作成しています。
 下記をダウンロードをして、ご活用ください。
 郵送等のご希望の方は当協会事務所までご連絡をお願いいたします。

 ★「もしも入院することになったら」(PDF1.21 MB)

 電話011-563-7229(平日火曜~金曜9~13時)
 <E-mail:mswjimusyo@hmsw.info

2019.12.12 「医療同意と意思決定支援」(東支部)の研修報告を掲載しました。

実践講座「医療同意と意思決定支援」

開西病院 後藤 雅人

 超高齢社会と言われる中で一人暮らしの高齢者が多くいらっしゃると感じており、日々の実践で身寄りのない高齢者と関わることが多いと実感しています。昨年度の実践講座「身元保証と退院支援」に引き続き、ソーシャルワーカーとして必要な視点・役割について学ぶために参加いたしました。実践講座の演習を通して、身寄りのない方の治療に関しての方針を定める際に一専門職のみで方針決定することの危険さがあり、その人の生活史や考え方を知り、他職種と検討することが必要であると学ぶことが出来ました。実践講座で学んだこと活かし、1ケースずつクライエントに寄り添ったソーシャルワーク実践を行っていきたいと思います。

2019.11.20 高齢者虐待対応マニュアルを作成しました

高齢者虐待対応マニュアルを作成しました。
会員限定ページに掲載おりますのでご活用お願いいたします。


2014年度に行われた第57回北海道医療ソーシャルワーク学会での「医療機関に勤務するMSWの高齢者虐待に対する実態調査報告」を受け、調査結果より医療ソーシャルワーカーが高齢虐待の対応及び判断に苦慮している等の結果が得られました。
中央E支部の医療福祉活動事業にて、西区・手稲区地域包括支援センターとの意見交換を経て、2016年3月に「高齢者虐待対応マニュアル」を作成しました。2017年度中央E支部医療福祉活動事業として地区懇談会を開催し、各地域での活用状況及び意見交換を行い、事例掲載を追記し、2019年3月マニュアル改訂に至りました。


この度、当協会発行とし、会員の皆様に広く活用ができるようホームページ上にて掲載することとなりました。本マニュアルは医療ソーシャルワーカーが高齢者虐待の疑われるケースを早期に発見し、それぞれの力量や経験によらず適切に対応するため、また、他機関への相談・通報することについて、医療ソーシャルワーカー個人として対応するのではなく、会員が所属する組織として活用することができるマニュアルの作成を目指しています。所属機関及び所属部署において雛形として使えるものとして作成している性格上、状況に合わせて修正・追加を行い、活用をお願いいたします。

2019.11.01 機関紙MSW186号を会員限定ページに掲載しました。

機関紙MSW186号を会員限定ページに掲載しています。
会員限定ページよりご確認ください。

2019.10.30 会員名簿2019の正誤表について(10月30日更新)

機関紙186号に同封しました会員名簿は9月30日現在の会員情報となります。正誤表は会員ページに掲載しています。ご確認ください。

また、10月1日以降の異動等の会員等については会員異動報告ページでお知らせしております。

2019.10.28 「病院で働く相談のおしごと体験講座」開催報告

「病院で働く相談のおしごと体験講座」開催報告


 10月22日(祝)に北海道医療大学病院(札幌あいの里キャンパス)において、看護福祉学部臨床福祉学科が主催、当協会も後援した「病院で働く相談のおしごと体験講座」が開催され、好評のうち終了しました。
 以下当日の概要と、北海道医療大学のホームページに開催報告として当日の様子が掲載されていますので、ご覧ください。

http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~web/news/index.php/view/1473
(北海道医療大学のホームページ内掲載ページへ移動します)

<講座概要>
10月22日(祝)14:00~16:30
➀開会のあいさつとMSWの紹介
②アイスブレイク
➂ロールプレイⅠ(医師と患者、家族のIC)
④ロールプレイⅡ(患者、家族とMSW面接)
⑤グループワーク(自己紹介と事例の理解)
⑥院内各部署(診察室、薬局、リハ室、歯科衛生士部門、看護)への情報収集体験(保護者を含めた参加者全員が新人MSW/先輩MSW役の学生・MSWに同行)
⑦ロールプレイⅢ(患者、家族とMSW面接)
⑧MSWからの事例解説
⑨カフェトーク、医療現場Q&A(学生、MSWとのフリートーク)
⑩閉会のあいさつ
※修了証贈呈&記念撮影

< 前へ 次へ >