Home > 講習会・研修会 > 【締切8月2日】医療・介護の連携にみる権利擁護の重要性について(開催8月22日)

2019.07.23【締切8月2日】医療・介護の連携にみる権利擁護の重要性について(開催8月22日)

中央D支部の医療福祉活動事業のご案内です。
江別市の地域包括支援センターの社会福祉士部会との共催事業です。
事業の主旨として、様々な疾病や認知症を患い、入院し十分な意思決定がなされないまま人生の最期を迎えてしまう方がいます。「意思決定支援」や「人生の最終段階」を意識した取り組みが社会的に一層、強化される中、我々、福祉専門職が改めて、権利擁護を考える機会をつくりたいと考え企画しました。

本企画の主導者であった当支部の故 山階 綾太郎 氏が江別市内及び当支部内の課題として医療介護連携の不十分さや、権利擁護を意識した実践の不十分さを痛感し、企画に至っています。
山階さんの遺志を受け継ぎ、権利擁護のあり方や医療・介護連携を含めた地域連携について皆さんと一緒に考えられる機会としたいと思います。

江別市の地域事情に伴い、平日の日中開催となりますがぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。
よろしくお願い致します。

医療・介護の連携にみる権利擁護の重要性について(案内申込書)

 講習会・研修会 一覧